株式会社 恒星

Company

企業の目的 『飲食の幸せを』
我々の主題は、『日本の燻製を通じて新たな可能性を広げ、飲食の新しい感動を創造する』ことにあります。
燻製という、食材に『煙の魔法』を掛けることで、今までにない、新たなものを創造します。我々は『おずの魔法使い』として多くの人々に“食・サービス・心配り”を通じて魔法のような感動を届けることを使命とします。
社会に対して 『発展と文化を』
我々は、食材の宝庫「北海道」を中心に、燻製に関わる企業・個人・団体を巻き込み、各地域・各食材でのご当地燻製商品を製作する。道外・国外にそれを発信し後には北海道を燻製の町とすることを実現します。
顧客に対して 『感動と創造を』
『燻製で一杯』『食事で燻製』と考えていただけるよう、燻製を身近な存在へ浸透させます。
そして、『煙の魔法』をかけることで、新たな感動を創造し提供致します。
従業員に対して 『挑戦心とプロのプライドを』
燻製ビジネスを共に創造・展開していき、ニッチな市場を開拓するフロンティアスピリットを共に抱き、創造する力とやりがいを通して、新たなステージを歩む挑戦の場を提供します。その挑戦できる場を通して、『顧客感動』を創造するプロフェッショナルとしての精神とプライドを持ち、作業を仕事へと昇華した従業員の誕生を目指します。
提携先そして取引先に対して 『新たな期待と可能性を』
既に有る商品に、弊社であれば「何かできないだろうか」「こうはできないだろうか」という期待と可能性を創造させるような刺激的な企業であることを目的とします。 また、その期待に応え共存する企業となることを目的とします。

以上、株式会社恒星の代表取締役として創業からたくさんの方々からのご支援を頂いた感謝を込め、その方々に対して誇れる企業としてご期待に添えるよう、信念を改めるために言葉に致しました。また、経営に参加している従業員に向けて、我々が果たすべき目標と使命を明確にすることで、更なる発展に向けて進化し、共に歩んでいくために、改めて理念として明確に致しました。

~触れ合う多くの方々への感謝、そして熱き想いと未来への期待を込めて~
株式会社 恒星 
代表取締役兼オーナーシェフ 長井恒輔